【Amazonランキング1位!】新作書籍「教師の働き方を変える時短」を出版しました。

時短

ついに!

新作書籍を出版できましたっ!

タイトルは、「教師の働き方を変える時短 5つの原則・40のアイディア」です。

この記事では、その中身をご紹介。

どうぞ。

広告


コンセプトは、徹底的に時短。

拙著三冊目となる、「教師の働き方を変える時短」ですが、

コンセプトは、徹底的に教師の仕事を時短する、というもの。

ただし、すべての仕事を、というわけではもちろんありません。

 

教師の仕事は多種多様。

高度なスキルが必要とされるものもあります。

例えば、不登校対策やいじめ対応。

逆に言えば、そういった仕事に対しては、しっかりと時間をかける。

また、教師の本業である授業準備や授業研究。

 

こういった教師ならではの仕事に時間をかけるため、の他の仕事を徹底して時短する。

そんなコンセプトで、書籍を書きました。

陰山英男先生からのコメント。

あの「百ます計算」でおなじみ、元立命館小学校副校長の陰山英男先生からも書評をいただきました。

 

「江澤先生の本こそ、校長に読んでほしい。今必要な働き方改革の具体的対策が学べるから」

 

「具体的な働き方の実践本である。ハウツーに寄っていて、即参考になる

 

「効率化に対し、細心の工夫がなされている。江澤先生の中学校の経験が効いている」

 

Twitterからですが、こんなありがたいお言葉をいただきました。

学習院大学 長沼先生からもコメント。

学習院大学教授 長沼先生からもコメントを頂いています。

 

素晴らしい本だ。現職教員ならではの内容」

 

私が中学の教員のときに出会っていたら、と強く思いました」

 

何を隠そうこの先生、なんと文化庁で「文化部活動の在り方に関する総合的なガイドライン作成検討会議」で委員・座長を務めていらっしゃいます。

また、日本特別活動学会の会長でいらっしゃいます。

そんな先生からも書評をいただけました。

広告


取り扱いメディア一覧。

出版決定後いろいろなところからお声掛けいただき、取材してもらいました。

2019.2.24 福井新聞

ウェブページはこちらから。

 

2019.2.27 中日新聞

 

2019.3.6 PRtimes

ウェブページはこちらから。

 

2019.3.6 時事ドットコム

ウェブページはこちらから。

 

2019.3.7 ICT教育ニュース

ウェブページはこちらから。

 

2019.3.10 ぴぃすさんのブログ

内容をかなり読み込んで、ブログで書評をいただきました。ありがたいです。

ウェブページはこちらから。

 

2019.3.11 広大教英(広島大学教育学部英語コース)ブログ

ウェブページはこちらから。

目次、無料公開。

目次、無料公開しちゃいます。

といってもAmazon見ればすべて記載されているんですけどね。笑

 

第1章 できる教師はみんな時短している 

ここでは、時短するためのマインドを書きました。

原則1から「職員室の空気は読まない」という刺激的なタイトルです。

が、本書を読んでいただければ、その意図をわかっていただけると思います。

第1章の内容↓
「忙しすぎる先生」の時代
原則1 職員室の空気は読まない
原則2 プライベートの充実がいい教師のカギ
原則3 情報はオールインワンに
原則4 仕事に優先順位をつけ「ない」
原則5 ICTは時短技術の宝庫

 

第2章 教師の働き方を変える時短アイディア40 

ここからは、仕事の時短のために「即実践」できるものばかりを40集めました。

1つでも、みなさまの参考になればいいなと思います。

 

第2章の内容↓
1 脇道にそれず、最短に 「原則」を決めて教材研究を効率的に
2 レディネスと安心感が違う 授業は「帯学習」ではじめよう
3 ふとした間も逃さず活用 すき間時間でできる教材研究
4 もっと効率的・効果的に 授業の可能性を広げるタブレット
5 できるものはまとめて印刷する プリント「年間分」印刷法
6 時間のとれる年度末がチャンス 今年の準備は年度末に終わらせる
7 積み重ねれば膨大な時間の節約に 採点は「ずらしてめくる」
8 積み重ねれば膨大な時間の節約に 採点は「×」だけ、「○」はつけない
9 予防が最大のトラブル対策 最大のトラブル対策=普段の学級経営
10 任せた方がクラスが育つ 提出物整理は子どもの仕事に
11 タイムロスなしの忘れ物対応 プリントは多めに刷って置いておく
12 一目で自分の場所がわかる 視覚化で班やグループ分けを
13 きれいさよりも、一緒につくる良さ 任せよう教室掲示
14 不安予防は芽のうちから 移動を兼ねた見回りルーティーン
15 時間をかけずに華やかに 超速でアレンジ! イラスト入り○○通信
16 時間も手間もかけず印象的に 集合写真はアプリでサッとアレンジ
17 期末になって焦らない 所見準備は学期始めから
18 いざというときの裏技 行事写真から所見を書く
19 養護教諭絶賛! 1日3分「眠育」で不登校予防1
20 養護教諭絶賛! 1日3分「眠育」で不登校予防2
21 時間帯で最適な仕事を分ける 午前はCreativeに、午後はSimpleに
22 気づいたときにサッと直して きれいな姿勢は疲れない
23 「ノイズ」を取り除けば能率アップ 机上のモノは最低限
24 その空間、まだ生かせます 足下には「あまり見ない書類」を入れる
25 区切りとルールで明確化 整頓は「引き出し」の使い方で決まる
26 こまめな整理は手間なだけ いちいち書類をファイルしない
27 これだけは知っておきたい 基本のキのExcel術
28 これだけは覚えておきたい ショートカットキーで仕事を倍速に
29 少しの投資で驚くほど能率アップ パソコン周辺機器をバージョンアップ1
30 少しの投資で驚くほど能率アップ パソコン周辺機器をバージョンアップ2
31 できるだけ一時期に集中させない テスト業務は事前・事後に分散
32 新年度の「困った」をなくす 後任の先生が困らない引き継ぎメモ
33 ついつい話してしまいがちですが…… 時間外の「お茶」と「おしゃべり」は控えて
34 キーワードは「ついでに」 ムダのない職員室移動
35 スキャナと共有フォルダをフル活用 もうやめよう 書類の回覧
36 紙と時間を節約 職員会議を長引かせない秘策
37 会議で負担軽減&時短 学年会議の能率化
38 みんなでやれば効率的・効果的 教科指導は「個人商店」から「商店会」に1
39 みんなでやれば効率的・効果的 教科指導は「個人商店」から「商店会」に2
40 職員室だけじゃない、教材教具の整理場所 「教科準備室」のススメ

購入はこちらから。

 

少しでも全国の先生方の仕事術のお力になれればな、と思っています。

本業以外の仕事を徹底的に時短して、

児童・生徒とじっくり向き合う時間を撮ったり、

授業研究・教材研究をしたり。

もちろん、プレイベートの充実もあり。

きっとそれは教師としての幅を広げてくれるはずですから。

Amazon教育書ランキング1位。

実はこの書籍、未発売時にAmazon教育書ランキング(新着)で1位になりました。

あの麹町中学校の工藤先生の書籍を抑えての1位。

ありがとうございます。

また、売れ筋ランキングでも教育書部門2位になっています。

もし、興味ある方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

以上、新作書籍「教師の働き方を変える時短」を出版します!でした!

広告