教師の机周り問題について

時短

先生方・・・机周り大丈夫?

わたしの机は以前は乱雑を極め、書類の「雪崩」がよく起きていました。

後回しの書類や今はやりたくない仕事の書類を、なぜか机の右側に積み上げていってしまう癖がありました。

そこからよく「雪崩」が起きて、右側に座っている先生に迷惑をかけていましたね・・・汗

今回、わたしの机周りを見ながら、スッキリした机とクリアな頭で仕事をするための工夫を紹介!

書類の基本は「立てる」

書類の基本は「立てる」です。

教員の仕事は、色々なところで同時に進行している場合が多いのです。

なので、書類も多くなりがちです。

自分が主となる校務を勧めながら、

授業準備をして、

副担当になっている校務の処理をしながら、

部活動の仕事もする・・・といったイメージです(強烈な仕事量です)。

さらに昨年度までのファイルを引き継いだりもします。

そこで、ファイルの管理はとても大切になりますが、基本的には机の下にほぼすべて収納することにしています。

また、ボックスを用意して、校務や種類ごとに区分けして管理します。

職員会議の資料や使用頻度の高い書類ファイルは、引き出しの最下部に収納します。

*よく使うものだけなので、4つほど↓

広告


不要な書類入れボックスを作る

職員室は、「紙との戦い」だと思っています。

紙を通して、本当に様々なところから連絡が来ます。

メールで来ている連絡も、一旦紙に印刷をして、連絡を頂きます。

ただ、チラシなどの不要と思われるものが多いのも事実です。

そこでわたしは、机の下(ファイルボックスの下)にA4の不要物入れボックスを用意しています。

*B4のものも用意するとさらにGood。

不要なチラシ類はどんどんこのファイルに入れて、紙と戦っています。

たまったら、まとめて古紙回収などで処分。

机上の書類は一点のみ

机の上に常時置く書類は、1つと決めています。

それは、月間予定表。

毎月、教務の先生が作ってくださる月間予定表を机上のシートにはさんでおいて、いつでも参照できるようにします。

広告


机上の文房具は最小限

とにかく、机の上にものを置くのが好きではありません。

できるだけ机の上のものを減らしたいです。

パソコンも要らないくらいです。笑

文房具も全て引き出しに片付けたいのですが、すべて収納してしまうと必要なときに取り出す手間がかかります。

そこで、文房具は最小限のもののみを机上に置くようにしています。

  1. パンチ
  2. セロテープ(透明・白)
  3. プラチナ万年筆ソフトペン
  4. ぺんてるサインペン
  5. ボールペン
  6. はさみ

のみです。笑

机の周りをスッキリさせて、できるだけクリアな頭で教育業務をこなしましょう!

以上、「教師の机周り問題について」でした!

広告