小学校英語の活動前には「コミュニケーションポイント」を与えよう!

小学校英語

今回は、いわゆる「小学校英語」に関する記事。

春休みですし、文部科学省のサイトから「指導要領(外国語)解説編」を読んでいました。

少し自分なりに章括弧の外国語活動・外国語科について勉強したし、

考えていることをシェアします。

どうぞ。

広告




コミュニケーションポイントを与えよう。

活動をする前に、共有しておきたいこと。

小学校での英語授業は、

本当に初心者からのスタートなので、

コミュニケーションポイントを与えておく必要があります。

あ、別に名前は何でもいいです。

「コミュニケーションポイント」でも、

「コミュニケーションの極意」でもなんでも。

とにかく、そういった英語の活動するときに気をつけておくべきことを、

丁寧に、できれば毎回、

活動の前に共有しておく必要があります。

1つ目 Eye Contact

eye14_circle2

1つめのコミュニケーションポイントは、アイコンタクト。

提示するポイントに、

これは必ず入れる必要があります。

2人またはそれ以上で活動をするとき、

話をしている相手の目を見る。

話しかけたい相手の目を見る。

これは必ず提示してから活動に入ります。

でも、ずっと相手の目を見るのはなんだか恥ずかしいですよね。

日本人だからかもしれませんが、

会話をしているときに、相手をじっと見つめるのは恥ずかしいかもしれません。

そういうときは、

「相手の鼻」

「相手の目と目の間」

くらいを意識させると良いかもしれませんね。

2つ目 Big Voice

kakuseiki_man_smile
個人的に、

コミュニケーションの基本は「声の大きさ」だと思っています。

どんなにいいことを言っていても、

相手に聞こえなかったら意味がない。

「聞こえない返事はしないのと同じ」

「聞こえない挨拶はしないのと同じ」

なんです。

英語も同じで、

どんなにしゃべっても、

聞こえないくらい小さな声だったら、

意味がありません。

Big Voiceとしていますが、

あまり大きすぎても不快ですので、

Clear Voiceでもいいですね。

広告




3つ目 Smile。

couple_egao_businesswoman

最後は、Smile。

これも基本ですよね。

だからこそ、小学校ではたっくさんやっておく必要があるのかな、と。

できるだけ笑顔でコミュニケーションを楽しもう、ということを伝えるといいかなと思います。

もし、これに加えるとすれば、

4つめとしてGeture(身振り手振り)かな。

あまり多すぎると、焦点がぶれてしまうということであれば、

3年生の活動から、

この3つをまずは徹底的に毎回提示します。

そして小学校の6年くらいで、

できればGestureも・・・という感じですね。

 

以上、小学校英語の活動前には「コミュニケーションポイント」を与えよう!でした!

広告