中学校での1800もの英単語をどう覚えるか

フォニックス

小学校での英語教科化が平成32年度に実施されて、5・6年生で「外国語科」の勉強が始まります。

また、3・4年生は「外国語活動」の時間が実施される予定です。

小学校での4年間(といっても週1時間から2時間程度ですが)を終えて、中学校に入り「英語」の授業が始まります。

それまでの担任の先生による英語の授業から、教科担当の先生の授業になり、小学校同様英語を使って色々な活動を行っていきます。

英語の学習が小学校から始まって、「じゃあ、英単語ってどのくらい習うの?」って疑問に思います。

というわけでこの記事では、2020年以降の学習すべき英単語数について紹介!

えらいことになってるんです・・・。

広告


小・中・高で習う英単語について

小学校・中学校・高校で学習する英単語の数は、なんと2020年を境に約1.7倍になります。

*数は文部科学省単語数指針より最大数を表示。

なぜ、2020年かというとその年から「新学習指導要領」が全面実施になるんです。

そこに記されているんですよね、こんだけの単語を学習しましょうね、と・・・。

内訳を見ていきましょう。

小学校

小学校で学習する単語数は、約700語。

これまでは「教科」としての扱いではありませんでしたから、0となっています。

しかし、教科化でその学習する単語総数は700

これまでの中学校では1200語でしたので、その半分くらいの英単語をなんと小学校で学習します!

中学校

中学校で学習する英単語の数も、もちろん増えます。

これまでは1200語でしたが、2020年以降は1800語に増加!

なんと1.5倍!!

ここでもかなり高度な語彙力が求められることになります。

高校

高校での語彙数も増加します、もちろん。

1800語から2500語までに増加!

どんどん学習して、どんどん覚える作業が必要なんです。

小中高の合計語彙数

さて、先程の画像に戻りますが、小中高で学習する単語数は1.7倍になります。

小学校3年から始めた英語の学習。

高校3年生まで学習したとして、その積み上がった語彙数はなんと10年で5000!

強烈な数字です。

広告


たくさんの英単語、どう覚える?

さて、本題です。

小学校で700、中学校で1800、高校で2500もの英単語をどうやって覚えるべきか、ということです。

基本的には「使って覚える」のがベストです。

この「使って」というのは英語で会話するだけではなく、書いたり読んだり聞いたりすることもすべて「使って」に含まれます。

ただ、時間は限られているんですよね。

英語ばっかり勉強していればいいわけではなく、学生には他教科でも覚えるべきことがたっくさんあります。

だから、「フォニックス」

だから、中学校では「フォニックス」の学習が有効なんです。

ある程度のフォニックスを学習すれば、初見で読める単語が増えるんです。

だって、「フォニックス」は英語の「50音表」にあたるわけですから、意味はわからなくても「読める」単語が増える。

「フォニックス」を習う

初見で読める単語が増える

読み方を調べる時間が節約される

浮いた時間ができる

その時間でさらに別の単語を学習する

その時間で英単語を「使う」活動をする

英単語を覚えられる

こういういいスパイラルが出来上がります。

この記事でもお伝えしましたが、この「フォニックス」をできるだけ早い段階で学習して、上記のようないいスパイラルを中学校で作り上げてしまうべきです。

参考記事:中学校3年間を15の期間に分ける

また、この「フォニックス」は高校でも生きてくるので、そこでも浮いた時間ができて他の活動に当てたり、他教科の勉強ができるようになります。

フォニックスを勉強しよう

わたしも、フォニックスを指導し始めるまで、その存在すら知りませんでした・・・(恥ずかしながら)

この本を一冊買って、自分なりに勉強して指導しました。そして教えるのがめっちゃ楽しいです。笑

フォニックスをご存じない方、良書ですからぜひチェックしてみてください!

以上、「中学校での1800もの英単語をどう覚えるか」でした!

次回は、フォニックスを学習した生徒の単語数の習得について書こうと思います!

広告